出雲民芸紙コラボ

翻訳
コラボ

和傘工房初音はつね×手すき和紙 出雲民芸紙

伝統の出雲民芸紙と和傘作りが生み出す、

昔ながらの優しい和傘のカタチ。

出雲民芸紙

出雲の国は、古代より紙の産出国で、正倉院文書にも紙が残っています。

一番栄えたのは江戸時代で、松江には藩の御紙屋が設けられました。

故 人間国宝 安倍榮四郎はそうした伝統のもと昭和六年、

民芸運動の創始者  柳 宗悦氏との出会いを機に出雲民芸紙として蘇らせました。

現在、榮四郎の心と技は孫 信一郎、紀正兄弟の手へと受け継がれています。

コラボ
☆お問合わせ / ご注文☆
Facebookをチェック
この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
和傘工房 初音
タイトルとURLをコピーしました